ウィッグの毛(ファイバー)の素材別比較と評価・人毛ウィッグも品質の違うがある

ウィッグの毛質・人毛とファィバーの違い

毛のウィッグに憧れるひとは多いと思います。

病気で毛が抜けてしまって困っている人のためのウィッグを作るために、自分の髪を伸ばして提供する運動などがありますので、

人毛ウィッグはそれだけ良いものだという認識がありますが、必ずしも、ファッションで使う場合ベストとは言えません。

より自然に、風になびき、手触り、色、艶などだけで評価すれば、それは人毛にかなうものは

ありません。

しかし、人毛のウィッグがファッションで手軽に使えるかという点を考えるときには、決してそれがベストであるとは言えなです。

ファッションでウィッグを使う時に、ただ単に、ショートをロングにしたいというだけであれば、さほど気にすることとはないですが、

ヘアスタイルを作るのは、人毛ではテクニックが必要になります。

スタイリング剤を使えば、もちろん、傷みますし、ドライヤーやシャンプーを使わなければなりませんし、

毛の質によっては、なかなか好みのスタイルにするのが難しかったり

逆に硬く太い毛だったりしたら、癖がついてしまうとなかなか直せなかったりします。

もちろん、超高級な人毛ウィッグで、一人または、同じような毛質の髪だけを厳選して作っている場合は、それは避けられますが、当然価格はものすごく高くなってしまいます。

それに対して、人工毛の場合、または、人工毛と人毛のMIXの場合、あらかじめスタイルが作られていて、形状記憶されているので、

多少顔に合わせるのに、カットは必要になりますし、メンテのために、シャンプーなども必要になりますが、

人毛程、手間をかかりませんし、ドライヤーやシャンプーなどの回数も少なくなります。

耐久性でいえば、人毛の方がずっと長持ちしますので、ダメージを与える回数がすくなければ、圧倒的に人工毛より長くつかえますが、

使い方次第では、痛みも早くなることも覚えておく必要があります。

頻繁に太陽にさらされれば、すでに頭皮からの栄養は言っていない髪の毛ですから、赤ちゃけてくることになります。

サーファーが赤っぽい髪になっていることをご存知だとおもいますが、ほどではありませんが、

あれも海水の塩分と、もう一つ紫外線によるダメージをうけてなっているのです。

これらのことを踏まえて、人工毛のウィッグがいいのか、人毛がいいのか、考えるべきです。

人毛と人工毛比較してみよう

人工毛とMIX、人毛それぞれのウィッグを高品質で作っているリネアストリアが、

詳しくその違いについても説明しているので、リネアストリアさんを参考に、その質の違いを比較してみるよ。

ウィッグ購入の際にとてもよい選択肢となるはずだよ。

人工毛のウィッグの特徴

化学繊維で作られた人工的な髪の毛で、国産のものと、海外産のものがあります。

ファイバー繊維は、形状記憶されているためあらかじめ設定されているスタイルが崩れにくよ。

だから着用前のスタイリングがとても簡単で、たいていの場合、手ぐしだけで整うので、時短になる。

寿命は1年前後がいいところだけれど、お手入れ次第でもちますし、手頃な価格なので、買い替えしやすいよね。

複数のカラーをそろえれば、あきたから染めるなんてことも必要ないしね。
(染めるのは簡単じゃない)

リネアストリアで人工毛でおすすめなのはこれ

  • 天使のボブ(スキン付)
  • 天使のレイヤーCカール(スキン付)
  • らんまんベイビーボブ

人毛100%ウィッグ

人の毛だから当然、髪質がしなやかで柔らかく、肌触りが良いし、ウィッグ特有の光沢や毛束感は全くない。

ただし、クセがつきやすく保管するときにも注意が必要だし、着用前にはスタイリングする必要が当然ある。

リネアストリアの人毛100%ウィッグは、2種類が用意されているので、それも比較しておくよ!

ノーマル人毛

耐久性はREMY人毛とぼではないけれど、人毛としては比較的安く購入できるので、予算的にちょっとという人でも、人毛ウィッグに挑戦できます。

REMY人毛

もともと、美して髪をした人からのみ提供を受けているキューティクルを失っていない最高級人毛を使っている。

もともと髪の手入れを髪を売るために気を使って長く伸ばしている人から提供されているので、耐久性も高い。

どうせ人毛を使うのであれば、自分の髪以上の痛みの少ない、ウィッグについたという方向け。

当然価格はたかくなりますが、医療用ウィッグとしても十分なレベルだし、何十万もするものではない。

リネアストリアで人工毛でおすすめなのはこれ

  • REMY人毛100%ベースウィッグミディアム
  • 天使のボブ人毛100%(ノーマル人毛)
  • 天使のシトラスショート人毛100%(スキン付ノーマル人毛)
良いとこどりの 人毛MIX

これは、人毛を30%、人工毛を70%使用したコスパのよいウィッグ。

人毛の自然さとファイバーの手入れのしやすさをミックスしているので、まさに両者の良いとこどりだよ。

リネアストリアで人工毛でおすすめなのはこれ

  • 天使のブリーゼカール人毛MIX(スキン付)
  • 天使のレイヤーCカール人毛MIX(スキン付)
  • 天使のオリビアショート人毛MIX

ウィッグの毛材質による比較

比較項目人工毛人毛
光沢
特有の光沢

自然なツヤ感
耐久性約3~4ヵ月程度(注)
(お手入れにもよる)

約1年半~2年程度

(お手入れにもよる)

手触り
スタイリング形状記憶されているので、着用前のスタイリングが簡単着用前にドライヤーやアイロンなどでスタイリングする必要
スタイルチェンジ人工毛は冷める段階で形状記憶を行う性質があるため時間がかかる。人工毛より簡単
退色のしにくさ
染色×
カラーリング剤では染められない

可能だが傷みが早くなる

(注)私はお手入れに気を使っているので1年はもつよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました